2014年9月5日金曜日

家探し

留学において、住む家も大切ですよね。


今回留学するにあたって、住居探しにとてつもない時間を割きましたので、書きたいことがたくさんあります。

ヘルシンキ大学に留学する学生は主にHoasという機関が提供するアパートメントを借ります。
種類もシェアハウス、一人部屋など様々で、家賃もこのタイプや場所によって決まります。
シェアルームだと月250ユーロやそれ以下で借りられるようです(でもかなり汚いらしい)。一人部屋は大体500ユーロしないくらいだそう。

ヘルシンキ大学自体は学生寮を所有しておらず、学生の住処に関してはHoasに任せきっている状態です。

しかし、このHoasですが、大学同士が契約している正規の交換留学生に優先してアパートを提供するので、わたしのようなvisiting studentは家具無しアパートしか予約できず(人数の少なくなる春学期は家具付きの部屋も申請できるらしい)、しかも全員分の部屋が提供できないというのです。

それを知ったわたしは大慌てで予約。

一ヶ月経って、「あなた、間違ってexchange studentの方法で申し込んでるから、予約取り消しますね」というメールが来ました。

ただでさえvisiting studentで部屋が取りづらいというのに、一ヶ月も経ってこの通知が来るなんて…と絶望。

ヘルシンキ大学の事務対応が手早いのと対照的に、Hoasは仕事がのんびりなようです。
(実際、現在も2回目の予約結果が来ていない。)

返事の来ないHoasに頼っていても仕方がないので、自分でアパートを探し始めました。

結果、わたしはFacebookページにたどり着きました。
以下のグループページは、ヘルシンキ周辺で家を貸したい/借りたい人が集まって、家の契約をしています。


ただ、注意しなければならないのは、これらの契約は全て家主と借りたい人の個人契約となるので、先に家賃を振り込ませる詐欺も考えられるということです。

実際、わたしもいかにも詐欺らしい人から連絡が来たことがあります。

Facebookのグループページのような場所で個人契約する場合は、以下のことを注意/確認すると良いと思います。
  • 教えられた住所が、ちゃんとアパートになっているか(Googleストリートビューで確認)
  • 部屋の写真を見せてもらい、あまりにも綺麗だったら注意
  • 初月の家賃の振込方法は銀行振込かどうか(Money Gramの類いは厳禁)
  • Facebookページの名前と銀行振込の名前が一致しているかどうか
  • その人のFacebookページが偽アカウントではないかどうか
  • 契約書を書いた方がベター(グループの管理人に頼めばもらえる)
  • できれば事前にSkypeで顔を見ながら話す

これだけやっても、実際家に行って家主に会うまで不安でした。

くれぐれも、これだったら大丈夫だろう、という確信を持ってからお金を振り込んでください。

同じようにHoasから部屋をもらえなかった人の中で、Forenomという会社から部屋を借りた人もいました。でもここから借りると家賃がとても高いです。

幸運なことに、わたしは一番上のFacebookページで、月500ユーロで部屋を貸してくれると言うフィンランド人女性を見つけて、部屋を貸してもらっています。


写真は、到着したときに撮影したわたしの部屋です(今はこれよりちょっとだけ?汚い)。

Hoasよりは高くつきましたが、北欧インテリアのモデルと言えそうな、驚く程綺麗なアパートで暮らせているので、満足しています。

人口が増えるヘルシンキでは、家不足が年々問題になっており、手頃な家を探すのは困難だと言われていますが、
学校の薦める方法で手に入れられなかったとしても、上記の方法を参考に諦めずにトライしてみてください!

(また、交換留学生と差別されたのはこの住居の件だけで、このほかは全て同じ条件で学生生活できます^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿